日本語練習虫

旧はてなダイアリー「日本語練習中」〈http://d.hatena.ne.jp/uakira/〉のデータを引き継ぎ、書き足しています。

『都新聞』と同附録『都の華』に見える「都式活字」A型仮名とB型仮名、そして松藤善勝堂が1910年代に印刷した雑誌・書籍に見えるABブレンド型仮名

明治41-421908-09年に東京築地活版製造所から中央・読売の本文活字の座を奪った「都式活字」ですが、活字サイズはデビュー時から一定しているように見えるものの――9.75ptと言われるが実際は9.5pt相当と思われる――、仮名の書風が短期間のうちに3段階の変遷を辿っていたようだと判ってきました。

『都の華』および『小波身上噺』に見る「都式活字」の書風変遷

仮称「都式活字」A型仮名

仮称「都式活字」A型仮名は、『都の華』52号〈明治351902年2月25日発行〉から55号〈明治35年5月4日発行〉まで使われていました。『都新聞』本紙では、初めて「都式活字」が採用された明治351902年1月28日から、6月1日までの略4か月間使われたものです。

『都の華』54号に見える仮称「都式活字」A型仮名

仮名セットだけを見ていると特徴的な「あ」「な」「も」「る」等に目を奪われてしまいますが、「中央新聞が明治38年に本文活字として採用した東京築地活版製造所の9ポイント明朝活字」が従来の前期五号や後期五号の書風とだいぶ離れたものになっていることと比べると、これ以前の『都新聞』が本文に用いていた築地前期五号書風のスタイルを本家よりも濃く受け継いでいると感じられます。

仮称「都式活字」B型仮名

仮称「都式活字」B型仮名は、『都の華』56号〈明治3519027月22日発行〉から最終73号〈明治36年12月発行〉まで使われていました。『都新聞』本紙では明治351902年6月3日から、「都式活字」の最終使用日となる大正61917年11月30日まで使われたものです*1

『都の華』71号に見える仮称「都式活字」B型仮名

一見すると「築地体後期五号書風」だと感じられますが、明治411908年11月3日から『大阪毎日新聞』本文での使用が始まった築地10ポイント明朝活字や、明治421909年2月11日から『東京日日新聞』本文での使用が始まった築地9.5ポイント明朝活字とは、異なる書体です。

明治末から大正半ばの新聞を見慣れた方にとっては、仮称「都式活字」B型仮名が、都式活字の姿として定着しているのではないかと思います。

仮称「都式活字」ABブレンド型仮名

明治431910年に松藤善勝が逝去した際に松藤善勝堂を引き継いだのが、木戸善輔です。二六新報社『世界之日本』(大正101921年)に書かれている略伝の通りhttps://dl.ndl.go.jp/pid/946122/1/359、木戸は松藤と共に「都式活字」の開発にあたった人物でした。なお、合資会社松藤善勝堂設立の登記で大正10年5月5日付『官報』付録4頁上段https://dl.ndl.go.jp/pid/2954741/1/24に掲げられている木戸の名は「木戸善助」になっています。

仮称「都式活字」ABブレンド型仮名は、松藤善勝堂が1910年代に自ら手がけた印刷物に見られます。

小波身上噺』に見える仮称「都式活字」ABブレンド型仮名

国会図書館デジタルコレクションをキーワード「松藤善勝」で官報と雑誌を対象として検索して得たリストを見ていたら、「印刷所松藤善勝堂」という並びになっている資料がありました。開いてみると、松藤善勝堂が自ら印刷した「都式活字」の用例だったことが判り、驚きました。

「印刷所松藤善勝堂」となっているのは、大正21913年の日本農業社『日本農業雑誌』9巻8号https://dl.ndl.go.jp/pid/1551563/1/79、9号https://dl.ndl.go.jp/pid/1551564/1/73、10号https://dl.ndl.go.jp/pid/1551565/1/82、11号https://dl.ndl.go.jp/pid/1551566/1/76、12号https://dl.ndl.go.jp/pid/1551567/1/74です。

改めて全資料を対象にして「松藤善勝堂」で検索していくと、次の2点が見つかりました。

本文を見ると、『小波身上噺』と同じ、仮称「都式活字」ABブレンド型仮名で印刷されています。

10年前の吹囀ツイートにも記しましたが、国会図書館蔵本『小波身上噺』は奥付が欠けているので、現在でも国会図書館デジタルコレクションをキーワード「松藤善勝堂」で全文検索しても、拾われることはありません。

また、「都式六号活字」の実用例であると思われる夏目漱石『鶉籠 虞美人草』国会図書館蔵本は64版ということなのでhttps://ndlsearch.ndl.go.jp/books/R100000002-I033365238、「製版」担当者であった松藤善勝堂の名が奥付から消えています。そのため国会図書館デジタルコレクションをキーワード「松藤善勝堂」で全文検索しても、拾われることはありません。

報知新聞に使われている都式活字

『新聞総覧』では本文活字を「報知式五號」と称していた『報知新聞』ですが明治44年版:https://dl.ndl.go.jp/pid/897420/1/13大正2年版:https://dl.ndl.go.jp/pid/2390577/1/15、『印刷雑誌大正81919年5月号(印刷図書館蔵)に掲載された匿名子による「都式活字で有名な松藤善勝の偉業」に「所謂都式の名が一時に都鄙を風靡した。先づ之れに垂涎したのは報知新聞で之に改めるに決したのであつたが、爾後多くの新聞が之れに改まり」と記されているように、実際には松藤善勝堂が開発した「都式活字」が使われていました。

大正3年8月23日付『報知新聞』に見える仮称「都式活字」ABブレンド型仮名

少なくとも手元にある大正3年8月23日付『報知新聞』は、今回の分類で言うところの仮称「都式活字」ABブレンド型仮名で印刷されています。

新見ぬゑ(@nue213)さんによる2015年7月8日付吹囀ツイート添付画像4枚目https://x.com/nue213/status/751383152728240128/photo/4の雰囲気は仮称「都式活字」B型仮名であるようにも感じられ――もう少し精細な画像を拝見したいところ――、『報知新聞』が使用していた「都式活字」に書体の変遷があったのか無かったのか、いつか知りたいところです。

また、他紙の状況も現時点では全く不明と言うほか無く、この記事での整理を足掛かりにして調査の網を広げてくださる方がいらしたら、ぜひお知らせくださいますよう、お願いいたします。

*1:大正6年12月1日付『都新聞』から段制および本文活字の変更が実施され、従来の「都式活字」(9.5pt相当)9段16字詰が、推定8.5pt活字10段16字詰に変更となっています。

#市谷の杜本と活字館 2階の制作室エリア卓上に展示されていた秀英舎・製文堂のピンマーク入り活字

「活字の種を作った人々」展の会期末ぎりぎりになって、ようやく、市谷の杜本と活字館を訪れました。初訪問です。

展示室の隣にある制作室エリアの卓上に「手を触れないでください」という注意書きだけ添えて飾られていたスリムな文選箱3つに、欧文活字5種と「オーナメント活字」、「飾り罫」、「鋳製カット」が無造作に並べておいてあったことに皆さんお気づきだったでしょうか。後で職員の方に伺ったところ、ふだんは1階にあるもので、すべてレプリカではなく本物の活字だということだったのですが――。

2024年5月30日に市谷の杜本と活字館2階制作室エリア卓上に展示されていた文選箱入り活字

「鋳製カット」に含まれていた丸にサンセリフ体「S」のピンマーク入り活字

「鋳製カット」の中の少なくとも1つが、丸にサンセリフ体「S」のピンマーク入り活字だったのでびっくりしました。

「鋳製カット」の1つに含まれていた「サンセリフ体S」の製文堂ピンマーク入り活字
サンセリフ体S」ピンマーク入り活字の文字面を「鋳製カット」集合写真から拡大

もっときちんと接写してくればよかったのですが、文字面をじっくり眺めてみると、これは製文堂『活版見本帖』(明治36年発行)の「畵形」361番ですねhttps://archive.org/details/seibundo1903specimen/page/n147/mode/1up

製文堂『活版見本帖』(明治36年発行)の「畵形」361番
「鋳製カット」集合写真から拡大したピンマーク入り活字の文字面を左右反転し角度とコントラストを調整
調整したピンマーク入り活字の文字面画像を製文堂『活版見本帖』(明治36年発行)の「畵形」361番を重ね合わせ

印刷雑誌』1902年9月号に掲載されている製文堂「新製畵形」広告には316番から339番が新製品として掲載されているのですがhttps://dl.ndl.go.jp/pid/1499051/1/16、これは内容と番号を保ったまま明治36年版『活版見本帖』に掲載されていますhttps://archive.org/details/seibundo1903specimen/page/n151/mode/2up。つまり361番は1902年10月以降に活字化された「畵形」――おそらく母型は1903年製――と考えてよいでしょう。

私は今のところ「丸にサンセリフ体でS」の製文堂ピンマークは明治37年から42年までの間に使われていたようだと考えておりますので(「秀英舎・製文堂が鋳造した活字のピンマーク」https://uakira.hateblo.jp/entry/2024/03/30/180642、この「畵形」361番活字も、その時期に鋳造されたものが生き残っていたのだと思います。

印刷時に左下の方になるあたりが傷ついて線が欠けていて、同じく右上の線の先端がツブれているなど、滅活字として捨てられてしまっていてもおかしくないコンディションのように見えるものが、なぜか生き延びてくれていて、ほんとうに良かった!!

「オーナメント活字」のオリジナルが知りたい

秀英体のコネタ」の第12回「ピンマーク!ピンマーク!」https://archives.ichigaya-letterpress.jp/contents/shueitai/koneta/koneta_050927.htmlではピンマーク面だけを写し取った画像しか掲載されていなかった「東京」マークと「秀英舎」マークが2つ1組で刻まれているオーナメント活字が文選箱に存在したので、文字面が「大文字A」のオーナメント活字であったことがわかりました。

「東京」マークと「秀英舎」マークが2つ1組で刻まれているオーナメント活字
「東京」マークと「秀英舎」マークが2つ1組で刻まれているオーナメント活字の文字面(大文字A)

「東京」「秀英舎」の組み合わせとなっているピンマークですから、鋳造されたのは1914年から1935年の間と考えられます(「秀英初号明朝フェイスの秀英舎(製文堂)製初号ボディ活字と42ptボディ活字」https://uakira.hateblo.jp/entry/2023/03/21/225239

書体としては製文堂『活版見本帖』(明治36年発行)に掲載されている「Six-Line Pica Ornamented」ですがhttps://archive.org/details/seibundo1903specimen/page/n73/mode/1up、秀英舎製文堂でこれより遡る例があったのかどうかは判りません。

製文堂『活版見本帖』(明治36年発行)「Six-Line Pica Ornamented」と展示活字の文字面画像(左右反転)の重ね合わせ

Palmer & Rey『New specimen book』(1884)で言うところの「Fancy Initials」https://archive.org/details/newspecimenbook00palmrich/page/n91/mode/2up、MacKellar, Smiths & Jordan Co『Specimens of printing types : ornaments, borders, corners, rules, emblems, initials, &c.』(1892)で言うところの「Ornamental Initial Letters」https://archive.org/details/specimensofprint00mackrich/page/n387/mode/2upに相当する系統の活字書体で、Google画像検索の結果によると、1890年発行の「The Aldine 'O'er Land and Sea.' Library」22巻279頁に全く同じ「Six-Line Pica Ornamented」活字が使われていたようですhttps://www.flickr.com/photos/britishlibrary/11116458115/in/photostream/

イギリス系typefounderの何れかが製造販売していた「オーナメント大文字A」を輸入したものということになるのでしょうか。

この活字書体のオリジナルをご存じの方がいらしたら、お教えください。

秀英舎の活字種版彫刻師澤畑次郎と河村鋃太郎のこと

2023年11月3日から2024年6月2日という会期で、市谷の杜 本と活字館の企画展「活字の種をつくった人々」が開催されています(https://ichigaya-letterpress.jp/gallery/000345.html)。この記事の公開時点で、残る会期は週末の3日間。2024年の春からVRツアーhttps://archives.ichigaya-letterpress.jp/contents/virtualtour/が公開され展示解説が確認できるようになり、予習復習にとてもありがたかったです。

さて、展覧会が始まる前にSNSで流れてきた会場設営の情報(https://togetter.com/li/2251253)や内覧会のレポート(https://twitter.com/yukiakari/status/1720009330114838909)に接して、1つ驚きまた嬉しく思ったことがありました。

秀英舎の種字彫刻師として、沢畑次郎と河村鋃太郎の名前が掲げられているではないですか!



今から5年ほど前、東京国文社の創業期に関する不審(明治5年なのか6年なのか)に関する@NIJL_collectors さんとのやりとりの中で話題になった『印刷世界』第8巻第4号(大正博覧会記念号、宮城県図書館蔵)を眺めている中で、秀英舎の紹介記事末尾に、私にとって非常に重大な内容が書かれているのが目に入りました。当時の連続メモツイート1囀目を転載し、続くスレッドからもテキストを転記します。


…活字母型は悉く両名多年の労力蓄積の反映にして其字体の鮮明整備の点に就ては大に世の歓迎を受くる所となる」

佐藤敬之輔『ひらがな』や矢作勝美『明朝活字』が、初代「澤畑次郎」と弟子「河村(金良)太郎」が秀英体の彫師だったと記しているのを、片塩二朗『秀英体研究』が社史にも記録が無く根拠薄弱として退けているのだけれど、準公式記録と言ってもいいんじゃなかろうか、大正博覧会のキャプション。

大正博覧会や、遡って明治36年内国勧業博覧会、これらに秀英舎が出品した際の解説関係、例えば博覧会のことを報じる新聞雑誌の記事みたいな形でもいいから、他に残っていないだろうか……

ちなみに、大正3年4月まで「25年忠勤」っていうのを文字通りに受け取ることにすると、「明治22年以来」ってことになって、秀英舎が「改正」と名乗る(おそらく)最初の総数見本(印刷図書館蔵『五号活字見本 改正』)を出した年になり、そこから数年かけて四号と三号がまず「秀英体」になる、という…

明治20年代の秀英舎の活字書体開発状況に、とてもよく符合する。
(とメモを残しておけば、いつか振り返る時に役立つだろう。)


今回のVRツアー、細かく作りこまれた「種字彫刻師年表」や「人物相関図」が拡大表示できるようになっている気遣いがとても嬉しいです。

さて、数年ぶりに出かけた印刷図書館で『印刷世界』と第2次『印刷雑誌』を眺めていて、澤畑次郎の没年を探すうえでヒントになる情報が第2次『印刷雑誌』2巻5号(大正8年19195月号、印刷図書館蔵)43-47頁に掲載された「株式会社秀英舎の現状」という記事に記されていたことに気づきました。

会場で配られている資料の後半に挙げられている大量の参考資料群の状況から、既に知られた情報かもしれないのですが、46頁「秀英舎活字の特色」という項から引いておきます。

斯界に『製文堂の文字は線が細くて綺麗だ。字格が整つて居る』といふ樣な語は常に耳にする所である。この書體は同舎の愛撫せる技手澤畑次郎、河村銀太郎君等の彫刻に依つて出たであ味ひつて固より他の模す可らざる底のものであるが惜しいかな、澤君は先年物故し、今は河村君が主として其精巧なる刀を振ふ。

念のため、印刷図書館が所蔵している『印刷世界』全号(明治43年大正7年)と、第2次『印刷雑誌』のうち大正7年から大正14年までの雑報(彙報)欄を一通り眺めてみましたが、澤畑次郎の訃報を見つけることはできませんでした。

今のところ、大正博覧会記念号(1914)から新聞号(1919)までの間のどこかの時点が没年と考えて良いようだ、とは言えそうです。

展示エリアに入ってすぐのところで我々を出迎えてくれる「秀英72ポイント・36ポイント木彫り種字」をiPhone14proでSCANIVERSEhttps://scaniverse.com/するとどうなるか。

3Dスキャンデータから書き出したムービーを見た感じだと、Small objectモードの他にMicro objectモードとでもいうようなやつが欲しいかな、という気持ちと同時に、当初予想よりもはるかにしっかり3Dデータが得られていてびっくりしています。

都式活字(都式新活字)の大きさを9ポイント7分5厘(9.75pt)ではなく9ポ半(9.5pt)相当と判断する理由

以前「新聞活字サイズの変遷史戦前編暫定版」のコメント欄に短く記していた「都式活字(都式新活字)の大きさを9ポイント7分5厘(9.75pt)ではなく9ポ半(9.5pt)相当と判断する理由」を、少し丁寧に補足しておきます。

都式活字のデビュー

明治351902年1月28日付の紙面以降、『都新聞』の本文活字が「都式活字」となりました。1面冒頭の「都式新活字」と題する論説で、新しい本文活字について「都式活字新たに成り、此に始めて都新聞紙上に刷出す、字躰殆ど𦾔の如く、紙幅全く𦾔の如くにして、其の内容に於て文字を増す事約一萬」等と解説されています。これは土方正巳『都新聞史』(日本図書センター、1991年)でも言及されている通り(『都新聞史』119-122頁「都式新活字創鋳に成功」)明治34年12月15日付社告「新活字を創鋳せし事」、12月22日付社告「紙面改良の事」という予告を経て実行されたものです(『都新聞 復刻版』明治34年11-12月〈柏書房、1996年〉にて確認)

1月28日以降、都新聞の紙面は本文五号活字1行22字詰・1頁6段組から、都式活字1行21字詰・1頁7段組に変わっています。

印刷雑誌』12巻1号(1902年1月)の雑纂欄「都新聞社ノ新活字鑄造」には次のように評されていましたhttps://dl.ndl.go.jp/pid/1499043/1/17

都新聞社ニ於テハ此度新ニ五號ト六號トノ相形大ノ活字ヲ創鑄シテ現ニ本月末ヨリ之レヲ使用シ印刷發行シツヽアリトイフ果シテ將來ニ於テ弘ク世間ニ使用サルヽヤ否ヤハ豫想シ得ザレトモ*1兎ニ角活版界ニ於テハ注目スベキ新事業トイフベク吾人ハ同社ガ獨リ他ニ卒先シテ此擧ヲ斷行シタル勞ヲ多トスルモノナリ

この頃の新聞では記事の構成に本文の基本活字である五号活字とルビ活字(七号活字)、商況欄などの六号活字、中見出しなどの四号(三号)活字、大見出しなどの二号活字という、都合5~6種の大きさが併用されていました。

明治35年の段階で『都新聞』本文活字とルビ活字が都式活字になりましたが、他は従来の号数活字が併用されている状態が続きます。その後まずは明治36年9月22日付社告での予告通り、同年10月1日から「都式二号活字」が使われるようになりました。「都式二号活字」は、「都式活字」の縦横2倍の活字です。

以降、活字サイズについて紙上での直接的な言及は無くなったようですが、復刻版で紙面の変遷を追ったところ、明治381905年10月の発行停止処分が解除された10月28日付の紙面から「都式六号活字」の使用が開始され、同日付で商況欄の体裁が変更されています。「都式六号活字」は、「都式活字」の縦横4分の3倍の活字です。このほか四号・三号活字の変遷については、まだよく検討出来ていません。

都式活字の大きさ――従来説「9.75pt」の成り立ち

高野久太郎編『活版印刷術』(高野久太郎、大正4年)では欧文活字と和文活字の対応表で「10ポイント ロンプライマー (所謂都式活字)」とされていますhttps://dl.ndl.go.jp/pid/1183187/1/27。これは都式活字の大きさがが10.0アメリカンポイントだという意味ではなく、9ポイント活字と五号活字(Small Pica相当)の間の大きさだ、という程度の話です。

大正4年に開催された印刷青年会講演大会の講演「日本のポイントシステム」で東京築地活版製造所の野村宗十郎は「此の都式なるものは何らの標準があつた譯でない」と評していたようです(『日本印刷界』68号〈大正4年6月〉https://dl.ndl.go.jp/pid/1517487/1/50。先日来言及している大正7年『日本印刷界』105号の野村宗十郎「日本に於けるポイントシステム」では「然しこれは尺度にも何にも據るべき所がなかつたのである」という表現になっていますhttps://dl.ndl.go.jp/pid/1517524/1/29

印刷雑誌大正81919年5月号(印刷図書館蔵)に掲載された匿名子による「都式活字で有名な松藤善勝の偉業」は、次のように記しています(59頁)

明治30年代前半までの各紙が「五號二十二字七段といういかにも締りのない、且つ段數の都合の惡いもの」(強調:引用者)であったところ、当時の都新聞総監督である岡本甚吉が「活字縮少によつて字數を增加するの必要なるを認め」「二十一字詰八段制となし而かも外観の同一なるべき相當の字格を得るに苦心し」(強調:引用者)ていたが、「現在の善勝堂の管理者木戸善輔氏が都新聞工場に入つて來た」ことから「木戸氏が善勝氏の門人であり姻戚であつた關係上、直ちに善勝氏に謀」り、後の都式活字が案出された。

岡本氏の語る所に依るも當時の苦心は一通りのものでない。今のポイント計があつて大小の區別が明確に規定せられる樣な事がなかつたので、新聞輪轉機の胴の大きさから割り出したものであるといふ。斯くして極めた文字は丁度九ポイント七分五厘に相当して居たことがのちに分つたのであつた。

復刻版を見る限り、都式活字を採用する直前の『都新聞』は本文五号活字22字詰6段組という体裁でした。これが都式活字の採用によって21字詰7段組という体裁に切り替わります。祖父江慎さんがお持ちの原紙でも、そのような体裁になっていることが確認できます(2021年7月31日付吹囀tweet添付画像:https://x.com/sobsin/status/1421276106750009347。私は「都式活字で有名な松藤善勝の偉業」に記されたあらゆる数字を眉唾物と見ています。

この後も津田伊三郎編『本邦活版開拓者の苦心』(津田三省堂昭和91934年)がトンチキなこと*2を書いていたり(148頁:https://dl.ndl.go.jp/pid/1908269/1/93、本間一郎『最新印刷百科全書 第1巻』(印刷出版研究所、昭和181943年)が都式活字を「五號と六號との中間(約九・二ポ)」と記すなど(20頁:https://dl.ndl.go.jp/pid/1125139/1/25、都式活字の実態が正確に記録されることのないまま湮滅してしまったように思われます。

おそらく「都式活字で有名な松藤善勝の偉業」の記述に輪転機メーカー名を追加したものと思われる表現を、牧治三郎が『京橋の印刷史』に記しています(23頁:https://dl.ndl.go.jp/pid/12047860/1/50

松藤が有名になったのは、明治三十三年十月、都新聞のためにマリノーニ輪転印刷機胴から割出した九ポ七五の都式活字創製である。一時は、東京築地活版製造の九ポ及十ポと対抗、万朝報の扁平活字と三ツ巴になって、新聞界を風靡した。

牧以降は概ね、都式活字については「マリノーニ輪転印刷機胴から割出し」た「9.75pt」と語るのが常道になっています。

なお、『日本印刷大観』(東京印刷同業組合、昭和131938年)には、「岡千代彦氏の手記による」として「都式活字鑄造に着手したのは明治三十一年で、當時字母彫刻家として有名なる中根小文治に、貮號、五號の二種を製作せしめ、自家鑄造により、明治三十五年一月の新年版より都式活字と命名して之を公表」という記載が見られます(125頁:https://dl.ndl.go.jp/pid/1686324/1/115。岡千代彦は、紅野謙介「『大菩薩峠』と岡千代彦の「自由活版所」」(2018年『昭和文学研究』76巻 https://www.jstage.jst.go.jp/article/showabungaku/76/0/76_2/_article/-char/ja/)に記されているように、『都新聞』の職工長を務めた人物ですから、「岡千代彦氏の手記」を探し当ててみたいものだと思うのですが、なかなか行き当たりません。紅野先生に倣って「ざっさくプラス」を引きまくるところから始めるべきでしょうかhttps://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2015/08/kousei_zassaku_pamph_for_uni.pdf

都式活字の大きさ――現存印刷物の計測から「9.5pt相当」と判断

手元にある都式活字21字詰7段組時代の『都新聞』原紙(明治38年5月1日付)に活字スケールをあててみると、21字詰1行分での結果ですが、9.5ptになっています。

この『都新聞』原紙(明治38年5月1日付)は強い折り癖がついているのですが、天地罫間隔を計ると内々で502~503mmほどでした。紙面の構成は1行21字・1頁7段(長手方向147字)ですから、段間6箇所と天地の罫と本文の間計2箇所の合計8箇所が全て0.5字分程度の幅と見ておくと、{147字+(8箇所×0.5字分=4.0字)}× 都式活字サイズ=502mm(≒1428.6pt)~503mm(≒1431.4pt)というわけで。これを逆算すると都式活字サイズは9.46~9.48pt程度となります。

明治38年5月1日付『都新聞』一面

想定段間の見込み違いや、折り癖の影響を除ききれておらず天地罫間隔を正確に測りそびれているといった可能性がある他、これらが正確であったとしても現存印刷物の寸法が原版の寸法よりも若干縮んでいる可能性がある――一般に紙型鉛版は原版よりも縮むと言われている――ことから、「9.46~9.48pt」という算出値は「9.5pt相当」と見て良い誤差の範囲と考えています。

実は10年ほど前に、当時「近代書誌・画像データベース」として運用されていたサイトで、巌谷小波小波身上噺』(大正2、志鵬堂書房)の印刷者が松藤善勝堂であることを知り*3、地元図書館経由の相互貸借で鹿児島県立図書館蔵本を閲覧して本文活字を計ってみたところ、やはり9.75ptではなく9.5ptと判断するのが妥当な数値でした。今般「日本の古本屋」経由で『小波身上噺』を入手したので改めて活字スケールで本文活字38字詰1行分を計測した結果は、やはり9.5pt相当です。

巌谷小波小波身上噺』1頁

明治35年に刷られた『都新聞』『都の華』の印刷文字が原版の寸法よりも縮んでいる可能性について

さて、先ほど言及した「現存印刷物の寸法が原版の寸法よりも若干縮んでいる可能性」について検証しておきましょう。

『都新聞』の本文活字が旧五号から都式活字に切り替わるころに発行されていた附録『都の華』は、第1号から、ちょうど本紙で都式活字を採用することとなった明治351902年1月28日付の第51号までが2段組1行29字詰で、同年2月25日付第52号から最終73号までが3段組1行21字詰であると、かつて蔵書印/出版広告 @NIJL_collectors さんにお教えいただいていましたhttps://x.com/uakira2/status/782131891310702592

令和3年度まで「小石川図書館」と名乗っていて4年度から「中央図書館」へと名称を改めた山形大学附属図書館中央図書館が、CiNiiブックスでは検索ヒットしないけれどもこの時期の『都の華』を所蔵していると9年前に気づいていたもののhttps://x.com/uakira2/status/778240350603194368、なかなか訪問のチャンスに恵まれていなかったのですが、最近になって(?)学外者でも(学生休業期以外は)土日祝でも利用可能になっていたことに気づき(「学外の方へ(利用案内)」https://www.lib.yamagata-u.ac.jp/yktop/k-guide/k-gakugai/)、51号までの『都の華』原紙と、52号以降の原紙を計ってきました。

通常の定規と、祖父江慎さん設計のモリサワ「伝統的文字サイズ表」による計測で、以下のリンクは国書データベース(旧・近代書誌・近代画像データベース)の当該号とします。

仮に52号以降の本文活字サイズが9.75pt相当であったなら、2.6%縮んでいることになりますから、五号活字時代の本文活字は10.78pt程度のものが2.6%ほど縮んで見えていることになります。MacKellar社の旧式Small Pica(略82行/呎:約10.6pt)やCaslon社の旧式Small Pica(略83行/呎:約10.4pt)の範囲をこれほど逸脱する旧五号活字という存在は確認されていませんから、このような縮小はかかっていないと考えて良いでしょう。

『都の華』原紙測定の結果からは、「現存印刷物の寸法が原版の寸法よりも若干縮んでいる可能性」については、仮に伸縮があったとしても捨象して良いレベル(多く見ても1%未満)と思われます。

旧五号時代の『都新聞』(明治35年1月25日付5135号)原紙と、都式活字に切り替わった日の『都新聞』(明治35年1月28日付5137号)原紙をお持ちの祖父江慎さんが以前SNSで本文活字サイズについて言及されていた際にも、旧五号期はモリサワ「伝統的文字サイズ表」で五号活字に該当、「都式新活字」は9.5ポイント活字に該当する様を添付画像でお示しくださっていました(2021年7月31日付吹囀tweethttps://x.com/sobsin/status/1421277818730598408

やはり、伸縮の可能性は捨象してよく、かつ「都式活字(都式新活字)」の大きさは9ポ半(9.5pt)相当と考えるのが妥当でしょう。

*1:原文は「トモ」合字

*2:「明治二十七、八年頃の東京築地活版製造所の財政は、相當困難なものであつたが、此の時代にポイント式活字が創造されたのだから頗る愉快な思出である。即ち六號活字と五號活字の間の活字を造つて、都新聞に納入したのが、今日の九ポイント活字の濫觴となつた。而して當時は未だポイント活字と云はず、都式活字と命名されてゐたとのことである。」

*3:現在でも「近代書誌・画像データベース」の統合先である「国書データベース」の自由キーワードで印刷所名検索が可能:https://kokusho.nijl.ac.jp/biblio/300042081?ln=ja

2024年4月より国書データベースで明治新聞雑誌文庫他蔵『有喜世新聞』を全号デジタル画像公開してくださってありがとうございます!(明治14年秋神崎正誼は平野富二を訴えたか?)

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター(明治新聞雑誌文庫、原資料部)のウェブサイトに掲載されている、2024年4月10日付の最新情報「【おしらせ】国書データベースで明治新聞雑誌文庫資料(2023年5月公開 125点、2024年4月公開『有喜世新聞』、『大阪新聞』)が画像公開」https://www.meiji.j.u-tokyo.ac.jp/n_20240410.htmlによると、「2024年4月に公開となりました『有喜世新聞』は、当文庫所蔵分に加え、欠号、虫損箇所などを本学総合図書館所蔵資料から補い、創刊号から全号欠号なく公開となります。」という実にありがたい内容となっています。

2020年1月29日に公開された古谷昌二氏のブログ「平野富二とその周辺」の記事「国内外の博覧会と活字・印刷機出品(その2)」で言及されている、明治14年11月26日付『有喜世新聞』に掲載されたという弘道軒神崎正誼と(築地活版製造所)「平野富二との間でひと悶着」の記事、これを実見するには明治新聞雑誌文庫に郵便複写依頼をするのがいいか念のため前後の日付も確認した方がいいかもしれないので現地で閲覧させていただくべきかと迷いつつ実行できずにいたのですが。

何と先方からこちらに(全世界に)歩み寄ってきてくださいました!!!

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫,一般デジタル,Z2-4-3の、DIG-TOKY-03776(有喜世新聞1151-1175号 https://kokusho.nijl.ac.jp/biblio/100456452/)に含まれている、明治14年11月26日付『有喜世新聞』2面(デジタル49コマ https://kokusho.nijl.ac.jp/biblio/100456452/49?ln=jaのダウンロード画像から当該記事部分(上・中段)を切り出して掲出しておきます。

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫蔵、明治14年11月26日付『有喜世新聞』2面より上・中段

この噂話のあと、神崎正誼は実際に平野富二を訴えたりしたんでしょうか。

明治15年4月7日付の日記に田中千弥が記した〈「築地活版平野富二」と「弘道軒神崎正誼」との間に生じた「葛藤」について「公裁」が仰がれ、上野景範と松田道之が小室樵山へ仲裁を依頼した結果(小室の代理人となった斎藤謙二の働きもあって)両社は和解した〉というような話(「平野富二と神崎正誼の葛藤を小室樵山が仲裁?」https://uakira.hateblo.jp/entry/20160216)との辻褄はどのような具合になっているのでしょうか。



2024年5月21日付で旧表題「2024年4月より国書データベースで『有喜世新聞』を全号デジタル画像公開してくださってありがとうございます!(明治14年秋神崎正誼は平野富二を訴えたか?)」から新表題「2024年4月より国書データベースで明治新聞雑誌文庫他蔵『有喜世新聞』を全号デジタル画像公開してくださってありがとうございます!(明治14年秋神崎正誼は平野富二を訴えたか?)」に変更しました。

夏目漱石『鶉籠 虞美人草』(縮刷版合本、春陽堂)は初版以降いつまで本文が「都式六号活字」で刷られていたのか製版者情報はいつまで掲載されていたか知りたい話

2018年11月、人生初コズフィッシュ訪問の際――今のところ再訪はできていないのですが――、祖父江慎さんが複本でお持ちだった夏目漱石『鶉籠 虞美人草』(縮刷版合本、春陽堂)95版を頂戴しました。大正141925年6月25日発行で、清水康次「単行本書誌」(『定本漱石全集 第27巻 別冊下』〈岩波書店、令和2年、https://www.iwanami.co.jp/book/b492587.html〉)に記された最後の版になります。

chihariro氏のブログ「紙の海にぞ溺るる」の記事「夏目漱石『鶉籠 虞美人草』」によると、この清水康次「単行本書誌」に基づく「書誌の上では最後の版」である95版に発行日違いのものがあり、更に後の版をお持ちの方もおいでであるということですが、今回のテーマは初期の版に用いられた本文活字のこと。

漱石『鶉籠 虞美人草』初期の版の本文活字を「都式六号活字」と断ずる所以

コズフィッシュ訪問時、大正21913年12月10日発行の『鶉籠 虞美人草』初版本も見せていただき、更に行長の計測もさせていただきました。清水康次「単行本書誌」によると「本文7ポイント、パラルビ」という仕様とされていますが、実測した行長は52字詰で130mm強。つまり本文活字サイズは計算上7.1pt強という具合に見えます。7.0pt活字52字であれば行長が128mmに収まっていなければ不自然。

実は当日気づいていなかった大事なことが2つありました。1つは、これが「都式六号活字」つまり私が9.5ptであると考えている「都式活字(新聞の本文用サイズ)」の4分の3である大きさの活字であろうという可能性。これは訪問の2日後になってから気がついて一人で驚き、また納得したものでした。

縮刷合本『鶉籠 虞美人草』初版は本文が「都式活字=9.5pt」の3/4である7.125pt(都式六号活字)で、ルビは9.5ptの1/2である4.75pt(都式七号活字)だ――と考えれば、本文活字サイズ7.125pt×1行52文字≒130.2mmですから、実測値に矛盾がありません。基本活字である9.5pt相当の都式活字と同ルビ活字は明治351902年1月に『都新聞』紙上で使用が開始され、また明治381905年10月の紙面から「都式六号活字」の使用が開始されています。

当時も頭の片隅では気がついていたつもりだったのに明確に意識できていなかったもうひとつの大事なことは、大正2年の時点では少なくとも東京築地活版製造所が7ポイント活字の開発にまで至っていなかったということです。2017年の「新聞活字サイズの変遷史戦前編暫定版」に記したように大正2年の段階では新聞の本文活字サイズは9ポイントよりも小さいサイズになっておらず、大正3年に築地活版が発行した総合見本帖『活字と機械』に掲載されているのは初号から七号までの号数活字と四号活字の縦横半分サイズである新七号活字、そしてポイント系では基本の活字として36、28、24、20、18、16、14、12、10、9、8、6pt活字、ルビ用の仮名活字として8、6、5、4.5、4pt活字のみとなっています。

この時期に和文ポイント活字の開発・販売で最も先行していたのは築地活版でしたから、そもそも7pt活字は選択肢として挙がらない存在だったのです。

近代文学の資料となる書誌事項という場では活字サイズのおよその目安として「7ポイント活字」としても大勢に影響はないと思いますが、活字史家type historianの立場からは「都式六号活字」であると記しておきます。

漱石『鶉籠 虞美人草』奥付の製版者情報はいつまで掲載されていたか

2018年11月6日付の吹囀tweet添付画像に示されているようにhttps://twitter.com/uakira2/status/1473620822917283845、初版本の奥付には「印刷者 川崎活版所 川崎佐吉」「製版所 松藤善勝堂」と記されていました。

清水康次「単行本書誌」では「印刷所」情報としてまとめて「松藤善勝堂整版・川崎活版所印刷」と注記されているのですが、大正31914年6月5日発行の第8版でも同様の記載があったようで、大正71918年6月30日発行の第40版では「川崎印刷所」単独表記となっているようです。

都式活字の開発者である松藤善勝堂の名が奥付に掲載されるのは、この第8版までだったのでしょうか、あるいはもっと後の版まで続いていたでしょうか。漱石『鶉籠 虞美人草』をお持ちの方、あるいはお近くの図書館で参照可能という方、奥付の情報をお教えいただければ幸いです。

ちなみに、本文に都式六号活字を用いている家蔵の第22版(大正51916年12月20日発行)では松藤の名が消え去っています。

漱石『鶉籠 虞美人草』第22版奥付
漱石『鶉籠 虞美人草』第22版「坊っちやん」冒頭(本文都式六号活字)

漱石『鶉籠 虞美人草』の本文活字はいつまで「都式六号活字」だったか

清水康次「単行本書誌」では大正101921年2月20日発行の第62版(印刷者「川安印刷所」)や大正11年10月15日発行の第66版(印刷者同)までは初版と同じ活字を本文に用いていたようで、後版のちはんの目印が付されている大正131924年6月3日発行の第88版以降で「活字は8ポイントと少し大きくなり、字数行数も変わ」り、「一部誤植が正されている箇所がある」状態だと書かれています。

祖父江さんから頂戴した95版は冒頭に記した通り大正141925年6月25日発行のもので、印刷者は「単行本書誌」記載の通り日東印刷。

漱石『鶉籠 虞美人草』第95版奥付
漱石『鶉籠 虞美人草』第95版「坊っちやん」冒頭(本文秀英前期六号活字)

本文を見ると、活字サイズが正確には「8ポイント活字」よりも少し小さい「秀英六号」活字であり、また少なくとも仮名の書風は大正3年見本帖以前の(仮称)「秀英前期六号」の活字が使われているようです。

「都式六号活字」が本文に使われていたのは、第87版までだったのでしょうか、あるいはもっと前の版で「都式六号活字」から「秀英前期六号活字」に切り替わっていたのでしょうか。漱石『鶉籠 虞美人草』をお持ちの方、あるいはお近くの図書館で参照可能という方、ご教示いただければ幸いです。



2024年5月23日追記:
宮城県図書館蔵『鶉籠 虞美人草』を現認しました。OPACでは出版年「1918」、価格「¥1.70」となっていますが、これは別の館で入力された書誌データがそのまま引き継がれてしまったもののようです(204年5月23日現在:https://www.library.pref.miyagi.jp/wo/opc_srh/srh_detail/9910800122 。現物の奥付は出版年月日「大正31914年4月15日」発行の第7版という表記があり(初版から第6版までの年月日は95版奥付と同じ)、価格は1円50銭、印刷者:川崎佐吉(川崎活版所)と製版所・松藤善勝堂の名が併記されています。本文はもちろん都式六号活字。

秀英舎製文堂の六号仮名の変遷

秀英舎の六号明朝活字の仮名書風の変遷――現時点までに分かっている範囲では全部で三段階だったと思われる――を辿れる資料がすべてウェブ資源化されたので、備忘のため記しておきます。

築地六号型(明治19年築地活版「新製見本」型)

まだ少なくとも仮名の書風について「秀英舎の六号」とは言えない時期の六号活字。推定明治29年発行の秀英舎鋳造部製文堂『活字類見本 未完成』(横浜市歴史博物館小宮山博史文庫蔵)に掲載されています。小宮山博史文庫仮名字形一覧にて閲覧可能https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/katsuji/jikei/data_katsuji/001018940/

秀英舎鋳造部製文堂『活字類見本 未完成』(横浜市歴史博物館小宮山博史文庫蔵)掲載六号活字見本

秀英前期六号

上記「築地六号型」を基本に、「と」「か」「し」などを独自のものに置き換えたもの。現時点では、便宜上「秀英前期六号」と呼ぶことにしたいと考えています。明治36年発行の秀英舎製文堂『活版見本帖』に掲載されているもの。Internet Archiveで閲覧可能(https://archive.org/details/seibundo1903specimen/page/n331/mode/2up)。「築地六号型」からの切り替わりの時期は判っていません。

秀英舎製文堂『活版見本帖』掲載六号活字見本

秀英後期六号

上記「秀英前期六号」に色濃く残る築地六号の書風を脱し、全面的に秀英舎書風へと改めたもの。現時点では、便宜上「秀英後期六号」と呼ぶことにしておきたいと考えます。従来は、これのみを「秀英六号」と称するべきと思っていました。「秀英前期六号」からの切り替わりの時期は判っていません。大正3年発行の秀英舎製文堂『活版見本帖』に掲載されているもので、大日本印刷株式会社/市谷の杜 本と活字館「秀英体活版印刷デジタルライブラリー」で閲覧可能https://archives.ichigaya-letterpress.jp/library/items/196c01948e81?target=eyJpZCI6Imh0dHBzOi8vYXJjaGl2ZXMuaWNoaWdheWEtbGV0dGVycHJlc3MuanAvYXBpL3ByZXNlbnRhdGlvbi8zLzE5NmMwMTk0OGU4MS9jYW52YXMvMTAjeHl3aD0yMDM4LDEzNjAsMTM1OSwxMzU5IiwidHlwZSI6IkNhbnZhcyIsInBhcnRPZiI6W3siaWQiOiJodHRwczovL2FyY2hpdmVzLmljaGlnYXlhLWxldHRlcnByZXNzLmpwL2FwaS9wcmVzZW50YXRpb24vMy8xOTZjMDE5NDhlODEvbWFuaWZlc3QuanNvbiIsInR5cGUiOiJNYW5pZmVzdCJ9XX0

秀英舎製文堂『活版見本帖』(大日本印刷株式会社/市谷の杜 本と活字館「秀英体活版印刷デジタルライブラリー」蔵)掲載六号活字見本

秀英六号活字の大きさ

これまで「秀英初号明朝フェイスの秀英舎(製文堂)製初号ボディ活字と42ptボディ活字」などあちこちに記してきた通り「秀英五号」活字の大きさは3.65-3.67mm程度(10.4pt程度)だったものと考えているのですが、「秀英六号」活字の大きさも「秀英五号」の4分の3程度、つまり7.8pt程度の大きさだったものと考えています。

8.0ptよりも小さかったことは確かですが、実際に7.75ptから7.85pt程度の範囲のどのあたりが定格サイズだったのか、まだ十分に検討出来ていません。